ローヤルゼリー

便秘で苦しむ病人に蜂蜜

私の祖母は大正14年生まれで、今年で88歳の米寿になりました。
そのため、このまえに米寿のお祝いを家族でしました。
それにしても、これでも88歳なのかとこのとき改めて思いました。
声はしっかりとしていますし、買い物にも自分ひとりでシルバーカーを押してとことこ毎日出掛けます。
帰ってくると友達としゃべりしてくるのでしょうが、すっきりした顔をしています。
私などは出掛けて帰ってくると疲れてぐたっとなっているのですから、祖母に負けているのです。
そこで、この米寿のお祝いで祖母に健康の秘訣は何かを改めて聞きました。
良く食べて、良く運動して、良くおしゃべりして、良く寝ることだと言いました。

そんなありきたりのことではなくて、何か特別なことはないのかと改めて聞きました。
すると、これが特別かは知らないけれどローヤルゼリーを毎日紅茶にお砂糖のかわりに入れておやつを食べているというのです。
これは確かに特別かもしれないと思いましたが、さすがに祝いの席ですから祖母を独占することもできず、その日はここまでしか聞けませんでした。
仕方がありませんから部屋に戻ってインターネットでローヤルゼリーの長寿への効き目を調べてみました。
すると、あることあることで余りにも効能がありすぎて、何が良いのか分からなくなりました。
自分で調べるのは無理ということで、これで諦めまして祖母に後日聞くことにしました。

改めて祖母に聞くと、どうやら便秘のためにローヤルゼリーを飲み始めたということでした。
祖母はもう少し若い頃に便秘にとても苦しんでいて病人のようだったのです。
そこで、腰痛などで通って行た鍼灸院の先生に相談したことがあるそうです。
すると先生はローヤルゼリーを食べることを勧めてくれたそうです。
ただし、摂りすぎに気をつけてということでした。
ローヤルゼリーの摂りすぎは逆にお腹が緩くなってしまうそうです。

祖母はさっそくローヤルゼリーを購入しようとお店に行きました。
すると、ローヤルゼリーといってもたくさんあって迷ったのですが、どうせなら良いものを買うことにしたのです。
そこから祖母のローヤルゼリーが始まったわけですが、それ以来少しずつ便秘が少なくなったのです。
また、便秘が少なくなると体重も以前よりも落ちて検査の数値が良くなったので、内科の先生にも褒められたのです。
以来、祖母はローヤルゼリーを毎日紅茶に入れてオヤツを食べているのです。

Copyright(c) 2010 滋養強壮.com All Rights Reserved.